セブン銀行カードローンは申込時に身分証明書不要!最短即日融資!

セブン銀行カードローンの審査に落ちない為に

セブン銀行は、あのセブンイレブンやイトーヨーカドーなどに設置されているATMの銀行のことです。セブンイレブンはご存知の通り日本全国どこにでもあるコンビニです。最近は結構田舎にもあるし24時間使えるからすごく便利ですよね。コンビニのATMを使う時、通常手数料がかかりますがセブン銀行だと自社ATMだから当然手数料はかからないというメリットもあります。

そのセブン銀行が行っているカードローンですが、大きな特徴は申込み手続きがWEBで簡単にできるということ。通常身分証明書をFAXや画像で送らないといけませんが、セブン銀行カードローンの場合、それが必要ないのです。身分証明書が必要ないというわけではなく、受取のとき郵便局員に身分証明書を提示するという新しい方法なんです。見せるだけですから手間はかからないですよね。

そういう便利さもあってセブン銀行カードローンは人気なのですが、お金を借りるということは、やはり審査が気になるところですね。いくら手続きが簡単でも審査はきっちりされてますから。

お金がないとき、みんな多少焦りの心境があります。そういうとき、審査に落ちたくない!絶対にお金を借りたい!という気持ちから普段はしないような「嘘」をうっかりついてしまう人も多いようです。しかし、嘘がバレると逆に信用を失い、審査に落ちるということにも考えられます。だから、嘘は絶対にダメですね。

セブン銀行カードローンの審査が気になる方は、次の5つのポイントをチェックしてみましょう。


セブン銀行カードローンの審査に落ちない為の5か条

勤務先の嘘をつかない

大きな会社に勤めている方が審査に通りやすいと思って、努めてもいない有名企業や親会社を書いていると書いてしまう人がいます。しかし、勤務先には必ず在籍確認の電話が入るので、そんな嘘はすぐに分かってしまいます。

それに、会社の大きさは審査に大きく影響しません。もっと重要なのが「勤続年数」です。どんなに大きな会社でも勤続年数が少なければ審査は厳しくなります。だから、転職する予定があるなら転職前に申し込んだ方がいいでしょう。

それに、会社を退職したのにまだ勤めているように見せかけようとするのもNGです。無職にはセブン銀行カードローンに限らずどこも融資してくれません。友人や親兄弟に頭を下げるしか無いでしょう。

こういった「嘘」はブラックリストに入ってしまい他社でも借りられなくなることもあるので絶対にしてはいけません。

他社利用件数の嘘をつかない

他社の借入の件数や金額は審査に大きく影響します。4社以上借りているとかなり難しいと言われています。しかしバレなきゃラッキーとばかりに嘘の申告をするのはいけません。個人信用情報を調べれば必ずバレてしまいます。個人信用情報は消費者金融や銀行などが借入状況を共有する機関です。消費者金融は他社の借入状況を調べて審査に利用しています。ただ、住宅ローンやクレジットカードのキャッシングは他社借り入れには入れなくても大丈夫です。

もし4社以上借りているなら、まだ借入枠に余裕のある会社で追加で借りて返済し借入件数を減らした方が得策です。借入金額が多いより借入件数が多い方が審査には影響します。

年収の嘘をつかない

年収が少ないからといって、お金を借りられないということはありません。逆に、年収が多くても借りられない人がいます。それは転職などで入社して間もない人です。大手会社の部長で年収1000万でも入社して1年未満だとしたら借りるのは難しいです。それより、月収10万のパートをもう5年も続けている主婦の方が審査に通りやすいです。

このように年収より勤続年数の方が重要視されます。それに、勤務先の規模、役職、勤続年数などでおおよその年収は分かりますから、嘘をついてもバレやすいです。怪しまれると収入証明書の追加提出を求められることもあります。


必要以上のお金を希望しない

借りられるんならたくさん借りれた方がいいと、希望額を多めに申し込むのはやめましょう。例えば、10万あれば足りるなら10万円を希望しましょう。金額は少ない方が審査には有利です。それに、今後きちんと返済していけば途中で見直しが入って限度額を上げてもらうこともできます。


連続して申し込まない

数打ちゃ当たると考えて、セブン銀行カードローン以外にも銀行や消費者金融に手当たり次第に申し込む人がいます。しかし、これは絶対にやってはいけません。連続して申し込むといわゆる「申込みブラック」といってどの金融機関の審査に落ちる可能性が高いのです。連続して申し込む行為は個人信用情報を通して発覚します。連続して申し込む行為はお金にかなり困っている、あるいは多重債務者の素性があるとみなされ、つまり返済能力が低いと判断され審査に落とされるのです。


嘘はいけませんが、お金が無いときは切羽詰まって普段嘘をつかない人も思わず嘘を付いてしまうこともあるようなので、気をつけてくださいね。これらに気をつけて申込みしましょう!



セブン銀行カードローンの公式サイト



セブン銀行カードローンのいいところ

  • 銀行カードローンなので総量規制の適用外。年収の1/3以上でも申込み可能。
  • 専業主婦でも申し込みできる。旦那さんの同意は必要ありません。
  • 審査結果はメールで通知されます。
  • 銀行カード一体型
  • 利用明細や請求書等は郵送されません(インターネットバンキングで確認)。
  • セブン銀行のATM手数料は利用時間帯・曜日にかかわらず無料
  • 金利は15%と低め
  • 返済は月々5,000円〜
  • 返済は自動引落しに加え24時間365日好きな時に追加返済が可能
セブン銀行カードローンの公式サイト



専業主婦でも借りれる

セブン銀行カードローンは専業主婦でも申し込む事が出来ます。融資額は低くなるかもしれませんが、プロミスやアコムなどの消費者金融では専業主婦は絶対に借りれませんから、どうしてもお金が必要な人にはセブン銀行カードローンは便利です。


過去の延滞には注意

他社に借り入れがある場合、過去に延滞したことがあると審査に影響があります。消費者金融や銀行は個人信用情報機関を通してお互いに顧客の債務や申込の状況を知ることができるので他社の延滞も知ることができるのです。

うっかりの延滞程度なら問題ないと思いますが、お金がなくて何度も延滞したことがあるなら借りるのは難しいと思います。

あと、見落としがちなのが携帯電話料金の延滞。携帯電話料金の内訳をみると、端末代金が分割払いで毎月支払っていることになっていたりします。端末代金の分割払いというのはローンの扱いになるため携帯料金の支払をうっかり忘れたりすると、個人信用情報に延滞の情報として記録されることがあります。この携帯料金の延滞が理由で審査に落とされるケースもあるというので注意が必要です。

セブン銀行カードローンの公式サイト


サブコンテンツ

このページの先頭へ